受付窓口

【受付時間】
午前 10:00~13:30
午後 14:30~21:00

■ 休診日
水曜日(午前)、土曜日(午後)
日曜日(午前・午後)
※祝日は通常通り行っております。

【お問い合わせ】
お電話: 大阪 06-6347-1841

 

【当院の住所と地図】
大阪市北区梅田1丁目11番4-B100号
(大阪駅前第4ビル B1F)

五十肩について

五十肩

 

「五十肩の症状」

五十肩の症状は痛みで始まることがほとんどで、しかも強い痛みに襲われることが少なくありません。症状によっては、少し肩を動かすだけで痛みが走ったり、横になって寝ていても痛みを感じるほどなどで、まず痛みの原因となっている炎症を抑えるのが最優先課題となります。
肩が激しく痛み、衣服の脱着は洗髪が困難になりますし、痛みで夜も眠れないほどで、精神的にも最もつらい時期となります。この時期を「急性期」と呼びます。急性期を過ぎると「慢性期」となります。この期間は一般的に4か月から6か月とされています。この時期になると何をしても痛いという状態からは抜け出し、痛みを軽減されてきます。その一方で関節の拘縮が進行していきます。拘縮とは関節が固くなり動かしにくくなることです。関節の炎症による癒着あるいは痛みに対する防御として長期間にわたって肩を動かしていなかったせいで、五十肩になった人のほとんどに、肩関節の動きの制限が生じます。その結果肩の可動域が狭くなります。

 

「五十肩のおこる原因」

ケガをしたわけでもないのに腕が上がらなくなったり、突然、肩が痛くなって、それまでできていた動きが出来なくなってしまうことがあります。これが一般的に「五十肩」「四十肩」と言われるもので正しくは「肩関節周囲炎」という疾患です。できるだけ早く治療すべき症状です。治療を受けなくても時間とともに症状が軽くなることもあります。症状が消えたとしても老化した部分にあわせるように他の部分の機能を低下させることで身体全体のバランスを取り直しただけです。

五十肩は肩関節周囲組織の不調や炎症によって痛みを生じる疾患です。肩関節は肩甲骨、上腕骨の2つの骨と、それらをつないで支えている腱板で構成されています。この腱版がインナーマッスルであり、身体の表面近くにある筋肉のアウターマッスルが肩関節を動かしています。上腕骨と肩甲骨の連動がうまくいくようにインナーマッスルの4つの筋肉と腱がひとつのユニットとして働いています。アウターマッスルはインナーマッスルの上にあって骨を支え動かす働きを担っています。その中で広背筋は上腕骨から「わきの下」を通り、背中から腰にかけて広がっている筋肉です。五十肩で、急に腕が上がらなくなる大きな原因は、この広背筋が緊張するためとされています。筋肉のバランスがくずれてしまうと、関節では摩擦や衝突が起こりやすくなり、それが繰り返されていくうちに、関節を包んでいる関節包や滑液包、筋肉や腱の複合体である腱板などに炎症や断裂が生じ痛みが出てきます。

 

「五十肩を改善するための施術方法」

脳からの中枢神経は、脊髄として背骨の中の脊柱管を通っています。そして肩、腕の場合は頸椎の間から細い神経の枝が出て、脳からの指令を各器官に伝えていますし、逆に各器官からの情報を脳に伝えています。肩や首に生じた様々な不具合が、知覚神経を通って脳に伝えられ、それが痛みやこりとして感じられています。

背骨は24個の椎骨と骨盤につながる仙骨と尾骨で出来ていますが、このうち首の部分の頸骨は7つです。そこにつねに大きな負担がかかっています。例えば人間の頭の重さは、体重の約10%と言われますが頚椎は、その頭を常に支え続けているのです。頚椎は自然な状態ではおよそ30度から40度の自然なカーブを描いています。ところが最近は頚椎はまっすぐに伸びている人が増えています。ストレートネックと猫背になる原因は長時間のパソコン作業やスマホ操作による筋肉のひっぱりのアンバランスと言われています。ストレートネックと猫背は筋肉のアンバランスを起こし、五十肩の原因となっています。ストレートネックと猫背の改善処置、各筋肉の緊張改善処置、痛みの部分の経絡の対応処置等で五十肩の痛みや動きの制限は改善されます。

 

五十肩 患者さんの声

最終更新日:2021年12月

数回の治療で五十肩は改善しました。

TMさん 52才 男性 会社員

約半年前から腕が上げづらく着替えに苦労していました。寝ているときに時々痛みで寝覚めるときがありました。なかなか治らずに、困っていましたので、鍼治療を受けることにしました。
1回の治療でびっくりするぐらい痛みが消えて、腕の動きも良くなりました。その後、日にちが経つと少し症状が戻りました。その都度、治療を受けると改善しました。数回の治療で痛みがなくなり、腕も問題なく動かせるようになりました。短期間で治していただいて、先生には感謝しております。

 

 

 

五十肩でお困りの方は梅田の祐久堂鍼灸院まで
お気軽にご相談ください。